in ,

【痩せたい!】本当に必要?ダイエットをする前に考えてみよう。

Woman's Fingers Touching her body parts

女性のほとんどが、多かれ少なかれ一度は痩せたいと考えたことがあるかもしれません。

ダイエットが、本人は痩せたいと思っても実際には不要な人も案外いるものです。

一般的に女性は自分が太っていると思いがちで、常にあるといわれているのが痩せたいという要求です。

ダイエットが実際に必要ではない女性もたくさんいますので、一度自分のBMIの数値を痩せたい人は確認してみたほうが良いでしょう。

きれいになるためにどうしても痩せたいという決意の固さゆえに、病気になってしまうようなダイエットを無理にしても何もメリットはありません。

肥満を解消するためのダイエットは大切ですが、やせすぎは禁物です。
何らかの理由から、どうしても痩せたい場合には、長い時間を掛けてゆっくりと体重を落とすようにしましょう。

BMI数値を測定してみよう

BMIの数値などを使って、自分にとって実際にダイエットが必要かどうかをまずはチェックしてみましょう。
BMI(Body Mass Index)は、体重と身長の関係から算出される肥満度を示す体格指数です。
「ボディ・マス指数」「体格指数」などと呼ばれることもあります。

BMI = 体重kg ÷ (身長m)

適正体重 = (身長m) ×22

*身長はcmではなくmで計算します。

日本肥満学会の肥満度判定基準

肥満の基準は国によって異なっていて、日本肥満学会は以下のように、BMIが25以上の場合を肥満と定めています。

数値から判断して、自分が実際にダイエットをする必要があるかどうかを、ダイエットの前に確認する必要があります。

標準体重と理想の体型

自分の標準体重を踏まえた上で、健康状態の維持に理想的な体型や体重を目指しましょう。

BMI法で標準体重を計算した場合は、統計上、BMIの数値が22となるときに最も高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常等の有病率が低くなると言われています。

BMIを求める時には、体脂肪率は考慮されていません。BMIを決める時に、脂肪の有無や筋肉量によって結果が左右されているわけではありません。
標準体重になれば体型も標準的なものになれるかといえば、そんなことはありません。
体内にどれだけの脂肪と筋肉を貯えているかで、同じ標準体重でも体型は異なります。
脂肪が多い人の方がふっくらとして見えるしょう。
筋肉の割合が多い人は、脂肪が多いひとよりずっと体型の割に体重が重くなりますので、太っていると勘違いしやすいようです。
理想の体型は個人的な主観によってもずいぶんと変わってきます。
スリムな体になりたいと考えている人もいますが、筋肉質であることに憧れている方も存在します。
標準体重と違い理想の体型はあくまでもその人の好みによるということが多いようです。

日本では、きれいになりたい若い女性は、痩せることをとにかく重視する人が多いため、体重の増減が話題になりがちです。
痩せ型の体型を追求しすぎて、栄養失調に陥ったり、ホルモンバランスが崩れる女性が多いことが問題視されていますが、社会的に痩せている女性をきれいだと見なす風潮があります。
健康であることが一番理想なわけですから、あまり数値にとらわれ過ぎず、健康的という意味での見た目や、自分の体の調子が良いと思える体型であることが一番です。
標準体重になることにこだわりすぎず、上下10キログラムくらいを目安にして、健康的な生活を送った時の体重を基本としましょう。
体重を1キログラム増やしたり、減らしたりということは、簡単にできることではありません。1キログラムの脂肪といったら相当な量です。

自分で快調だと感じられる時に、体重がどのくらいかが大事ですから、標準体重に無理矢理合わせる必要は考えなくてもいいでしょう。

平均体重、標準体重、美容体重

体重を体型や美容の指針とすることは多いですが、どんな数字を目標とすべきかは意外とわかっていないものです。
平均体重、標準体重、美容体重などが、体重の指針としてあげられます。

平均体重は時代別、年齢別、性別など一定のグループ内での体重の平均値です。
食習慣や生活習慣の変化や、地域性などでも変わります。近年の平均体重を見ると、男性の体型は肥満傾向にあり女性の体型は痩せ気味だといいます。

病気になる確率が最も低いとされる体型の体重である標準体重は、身長と体重から算出できるものです。

体重の指針には、美容体重というものもあります。
最も日本人女性が美しく見えるという美容体重は、この体重であればモデルさんや女優さんのようなプロポーションになるという体重の目標です。
女性のダイエット願望をあおらなければ商売が成り立たないのが美容業界というものです。
設定しているのはずっと平均体重より厳しめの体重で、体系を維持するようになっているようです。

ダイエットの目標体重をどのくらいに設定するかは人それぞれです。
効果的なダイエットをするのであれば、平均体重以外の要素も考慮に入れてプランを立ててみましょう。
痩せれば痩せるほど見た目がよくなるのではと考えて、不要なダイエットを続けるという人も多いといいます。
ダイエットをする時に、とにかく痩せたいと、標準体重よりも体重を減らして平均体重を目指す人もいます。体重の平均値自体には、それ以上の意味はありませんので、目標にする根拠にはなりません。同世代の人の体重もデータとしては使えますが、自分がどうなりたいかをメインにダイエットプランは立ててください。

女性の平均体重は減少傾向にあり、男子は増加傾向にあることが知られています。
体が細いほうが可愛いという風潮があるため、若い女性は平均体重が少ない数字になりやすいようです。スリムなほうが可愛いというイメージを持つ人が多いようです。

体を動かす機会が少なくなっているため、筋肉のつきが少なくなり、結果的に平均体重が下がってきているという指摘もあるようです。

痩せることを目標にするのではなく、美しい体型を手に入れよう!

多くの人がダイエットで体重を少なくしたいと思っているようですが、本来重視すべきなのは、体重より体型だといいます。

多くの女性は、たくさんの服が似合う体型になるように、ダイエットを成功させて美しくなりたいと思っているでしょう。

体重を少なくすることではなく、体型を整えることが大事なポイントです。

体重が減れば自動的に好ましい体型になるかといえば、決してそんなことはありません。

痩せすぎてしまうことは、バランス良いプロポーションになるためには、太りすぎと同じくらいマイナスだといいます。筋肉も脂肪もついていないガリガリの女性に対し、女性的な魅力を感じるという人は珍しいといえるでしょう。

体型を良くしたいのであれば体重を少なくすることだけではないといえます。

見た目の印象は、姿勢を良くし、下腹部を引き締めることでかなり良くなるといえます。
むくみを緩和し、顔や下半身にとどこおっている水分や老廃物を排出すれば、そのぶん体が引き締まります。加えて便秘も治したほうが良いでしょう。
むくみ解消も、便秘の改善も自分に合った軽めの運動が有効です。
体型を意識してダイエットをすることで、女性らしいプロポーションになるには何をすることが大事かを考えることができます。

痩せやすい季節って?秋から冬はダイエットのチャンス!

いま、御所市がアツい!行列のできる洋食店?手紙が書けるカフェ?バーもあります!